おいしいイチゴの見分け方を知っておいた方が得です。

 

まずはヘタの部分に注目してください。イチゴのヘタは緑色が濃くて、反り返っているものが良いです。次に種ですが、沈んで見える状態のものを選びましょう。

 

イチゴは熟すに従って実が膨らんできます。そのため種が沈んでいるものがおい

しいイチゴです。そして色ですが、ヘタの部分まで真っ赤になっているものが良

いです。全体的に光っていて真っ赤なものを選びましょう。おいしいイチゴの

見分け方を知っておくと、イチゴ狩りに出かけた時にも自分でおいしいイチゴを

選んで食べることができます。種が実から飛び出してきそうな状態のものは

熟して実がパンパンになっている証拠ですから、甘くておいしいです。

スーパーなどではあまり見かけない状態だと思うので、

イチゴ狩りに出かけた時には選んで食べてみて欲しいです。

また先端の部分にいくほど甘いので、食べる時にはヘタの方から食べると

良いのでやってみましょう。本当に甘くておいしいイチゴにはコンデンスミルク

などは必要ありません。自然の甘さをぜひ堪能してみましょう。