ふさの香

| 未分類 |

 

ふさの香はイチゴの品種で、きはるととちおとめの交配から生まれました。原産地は千葉県になります。特徴は桃にも似ている香りと甘みです。酸味はあまりないので、とても食べやすい味になります。一粒は大きくて光沢があり、果肉は割と固めなため日持ちがすると言われています。そのため輸送にも良いという特徴があります。ふさの香の果肉はオレンジと赤が混ざったような色になっています。外側は真っ赤ですから選ぶ時の参考にしましょう。果汁がたっぷりで食べると芳醇な香りが漂います。イチゴなのに、まるで違う果物を食べているかのような不思議な感覚になります。そのくらい新しい品種で奥深い味わいだと思います。ふさの香は収穫量が少なめですから、あまり市場でも多く見かける品種ではありません。まだ食べたことがないという人も多いと思います。千葉県を代表とするブランドイチゴですから、旬の時期に購入して食べてみると良いでしょう。粒が大きいので食べごたえもあります。イチゴ狩りも楽しめます。美味しいイチゴは、ヘタや種をチェックすることがポイントになります。品種にも注目しましょう。