女峰

| 未分類 |

女峰は東日本を代表するイチゴの品種のひとつです。おもに栃木県、静岡県で生産されています。とちおとめが出る前は女峰が代表でした。11月下旬から4月中旬が旬となっています。女峰という名前は日光の女峰山からきているそうです。甘さと酸味のバランスに優れていて、香りも良いのが特徴です。今は酸味が少なく甘みが強い品種がでてきたこともあり、生産量も減少傾向ですが酸味が強いイチゴはケーキなどのデザートに使用するのに適しています。形や切り口も綺麗なので見た目にも良いです。女峰は香りが特徴でもあるので、おいしいイチゴを選ぶ時には香りも確認すると良いでしょう。果肉はしっかりしていて実が締まっています。そのため日持ちもするので輸送にも優れています。そのまま食べても、もちろんおいしいですが酸味を活かす食べ方もオススメです。デザートに使用するのも良いですし、ジャムや料理のソースに使用しても合うと思います。さまざまな品種があるので、用途に合わせて選ぶという方法もあると思います。購入したらなるべく早めに食べる方が良いでしょう。