さがほのか

| 未分類 |

さがほのかは佐賀県生まれのイチゴです。大錦ととよのかを交配して生まれた品種です。2001年に品種登録された佐賀の名産品になりました。イチゴの産地として有名ですが、とよのかが主流でしたが今はさがほのかの市場が拡大しています。特徴を紹介します。粒は大きめで形は円錐形で長細い見た目をしています。鮮やかな赤い色をしていて、果肉は白色をしています。実は詰まっていて空洞はなく、果肉は硬めで甘さが強く酸味は程良いので、どなたでも食べやすいと思います。果肉は他の品種よりも硬めですから、日持ちもする方だと思います。気候にも恵まれていてイチゴを栽培するのに適している土地で生まれました。甘さもサッパリとさわやかで美味しいです。出荷時期は11月下旬から6月になります。さがほのかからさらに高い厳しい基準をクリアしたイチゴがあり、さがいちごプルミエと呼ばれているものです。最高級のイチゴで最高の時期や整備から生まれ出荷されている特別なイチゴになります。甘みも香りも強く、見た目にも美しいので贈り物としても喜ばれると思います。