久能早生

| 未分類 |

久能早生は静岡で生まれたイチゴの品種です。静岡久能地区で石垣いちごという名前で生産されていました。静岡を代表するイチゴとして人気がありました。今現在は新品種の章姫に代表格を奪われている状態で生産数も少なくなっているのが現状です。久能早生の特徴は酸味が強いことで、果肉が硬く形は長細いです。最近は甘みが強く酸味が少ないイチゴが人気があります。しかし酸味が強いイチゴは、ケーキに使用するとよく合います。イチゴジャムやアイスクリームなどスイーツとしても人気があります。久能早生は鉢植えから始まったイチゴで、石垣に根を下ろしたツルの生育が早かったことから、石と石の間に苗を植えて育てたのが始まりです。他のイチゴにもない、世界的にも珍しい栽培法で誕生した品種になります。同じ静岡生まれの章姫に市場は譲っている状態ですが、今でも人気はあるようです。石と石の間で芽が出て育ったイチゴ狩りも人気があります。時代と共にイチゴの品種も変化してきてはいます。好みに合わせたイチゴを探して食べたり、食べ方によって選ぶのも楽しいと思います。