とちおとめ

| 未分類 |

とちおとめは、イチゴの品種のひとつで栃木県で生産されています。栃木県はイチゴの生産量日本一を誇ります。おいしいイチゴを育てるのに大変適した自然環境に恵まれています。首都圏からも程近いため、新鮮な状態を保ったまま配送できる点でも良いとされています。とちおとめの特徴は一粒一粒が大きく、瑞々しくて甘いです。旬は11月中旬から5月の初旬までになります。多くが栃木県産ですが、茨城や愛知県のとちおとめも市場には出回っています。甘さとちょうど良い酸味が特徴で鮮やかな赤色がおいしそうです。香りがとてもよく酸味が少ないため食べやすいと思います。果肉も柔らかいのが特徴です。他の品種と比べても日持ちもします。とちおとめを選ぶ時には、光沢があり艶やかで赤色が鮮やかなものを選びましょう。ヘタもみずみずしく潤いがあるかどうかもチェックしましょう。粒が大きいのが特徴ですが、小さくても甘いものもあります。家庭で食べるのなら大きさにこだわらなくても、十分楽しめるのではないかと思います。比較的日持ちはすると言っても、その日のうちに食べるのが良いと思います。